title手軽な二重アイプチ

二重の手術後

切れ長の涼しい目元も魅力的ですが、ぱっちりした二重まぶたにあこがれるという人も多くいます。
二重を一重にすることは難しいですが、一重を二重にすることは市販の二重アイプチで比較的安易にすることができます。

二重アイプチは高いものから安いものまで売られています。
高ければよいというわけではなく、高くても自分の肌に合わずかぶれてしまったり、うまくひっつかなかったりといったケースはあります。
自分の肌に最適なものを選ぶ必要があります。

二重アイプチは、すぐに二重にできる、したくなければ一重でもいられる、その日の気分によって自分の好きな形の二重の線にできるなどのメリットがあります。
が、同時に、毎日メイクに時間をとられる、まぶたを薬剤ではりつけるので肌に負担がかかる、眼瞼下垂といった病気にかかりやすいなどのデメリットがあります。
また、どうしてもまばたきしたときなどに不自然になりがちです。
自然に、ずっと続く二重にしたい場合は、二重アイプチではなく美容外科で整形するというのも選択肢に入ってきます。

title切るか否か

二重にした女性

美容外科での二重整形は、メスを入れずにできる埋没法と、メスを入れる切開法に大別されます。

埋没法は施術後に傷が残らないことと切開法より簡単にできるがメリットです。
切開法の場合は埋没法よりは大掛かりですが、その分、一度二重にすれば永続的に二重を維持できるメリットがあります。

美容外科整形は失敗が怖い、高額でできないという場合はやはり二重アイプチを利用することになります。
二重アイプチにするか、美容外科で整形するか、自分の状況や希望に合わせて選ぶことができます。

title二重

首をかしげる美人

人の顔は目と鼻と口でできていますがみんな人それぞれ顔が違います。
目の大きさや位置や鼻の高さや低さなど人それぞれ生まれ持った鼻や口や目をしています。
しかし、生まれ持った目や口や鼻のパーツが気に入らずコンプレックスに思っている人も多くいます。

その中でも目は顔の印象に大きく影響をあたえます。
なので、目のサイズなどを気にする人は男女問わず多くいます。
目には大きく分けて一重と二重があり二重に憧れる人の方が多いです。

一重の人が二重にする方法として二重アイプチというものがあります。
これは一重の人のまぶたに専用の接着剤やテープを用いてまぶたを二重にするものです。
二重アイプチはいろいろな種類がありドラックストアや通販でも手軽に購入することができ人気のアイテムです。

もう一つの方法として美容外科での整形です。
二重アイプチとの違いは二重アイプチはメイク落としでとれてしまい結局は一重に戻ってしまいますが、美容外科での整形で二重にするとメイク落としをしても二重のままなのです。
自分の目を二重に変えてしまうのが美容外科での整形です。

美容外科での整形は二度と元の自分の目に戻すことができないためよく考え整形するかを決めることが大事です。
美容外科はたくさんあるため腕のいい先生にお願いすることが理想の二重に近づきます。
生まれ持った目を変えることは自分の問題ですが産んでくれた親にも相談してみると後で後悔するようなことにならないでしょう。

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031